1973年(昭和48年)

森山達也『開戦前夜』結成
ベトナム戦争、停戦発効の年、浅田猛と共に初めてグループ『開戦前夜』結成。


1974年(昭和49年)

『開戦前夜』、第1期『THE MOZZ』に発展 ギタリスト白浜久、ドラムス川島一秀を加え第1期『THE MOZZ』を結成。当時彼らはブリティッシュビートに影響を受け、地元博多のライヴハウスを中心に活動を開始。博多にやってきた当時のビックネームグループ『紫』や『四人囃子』、『上田正樹とサウストゥサウス』などのオープニングアクトもつとめた。


1975年(昭和50年)

地元博多においてのライヴ活発化 ライヴは白熱し、彼等を中心に博多のロックの新世代が盛り上がろうとしていた。そんな中リズムセクションの浅田と川島が『サンハウス』に加入。第1期『THE MOZZ』解散。


1976年(昭和51年)

第2期『THE MODS』結成 森山、北里晃一と共に5人組の第2期『THE MODS』結成。 当時N.Y.とLONDONで再びストリートからロックシーンが活発化し始めた。いわゆるパンクムーヴメントの誕生である。それはダイレクトに博多にも伝わってきた。『THE CLASH』や『SEX PISTOLS』、『THE DAMNED』など、同じように考え、行動し、表現するパンクバンドの出現はMODSにとっても強力な刺激となった。そして再びライヴは活発化し、過激になっていく。


1977年(昭和52年)
THE MODS、九州全土をツアーして回るようになる。 『HISTORY OF BRITISH BEAT』開始。この定期的なライヴから『THE ROCKERS』『THE ROOSTERS』らが巣立っていった。


1978年(昭和53年)

九州地区のコンテスト『Lモーション』に優勝。ポプコン全国大会出場。音楽的な理由から第2期『THE MODS』解散。森山、北里だけが残る。


1979年(昭和54年)

第3期『THE MODS』結成 活動を停止していた森山の所に映画『狂い咲きサンダーロード 』のサウンドトラックの制作の話が舞い込んでくる。森山、北里、そしてモダンドールズを脱退したギタリスト苣木寛之とドラマー梶浦雅裕の4人でレコーデ ィング。このメンバーが第3期『THE MODS』となる


1980年(昭和55年)

博多でのライヴが活発化。噂が噂を呼び動員も目覚ましく伸びていった。 活動の拠点を東京に移すことを決意。博多でのラストライヴを80'Sファクトリーにて開催。2日間に渡るこのライヴは80'Sファクトリーの最高動員記録を樹立した。 12月末、後楽園ホールにて行われたクリスマスパーティーに急遽出演。東京での初ライヴになるが、残念ながら早すぎたそのハードなビートに客の反応はゼロだったが、そのライヴを機に大貫憲章氏と知り合うなど確実に何かが起こる予感を与えていた。



BACK